experience

蔵人つながりの金水晶酒造

  1. HOME >
  2. experience >

蔵人つながりの金水晶酒造

伊達政宗の諜報部隊とされている。足の脛(すね)に黒の革脚絆を巻いていたことからそれを組の印として、黒脛巾組と呼ばれるようになった忍者の集団を調べていますが、今日はお得情報を追加してお送りします!

・金水晶酒造に注目した理由
・教えていただいた情報
・現在特別企画実施中
・届いた!

 

金水晶酒造に注目した理由

以前 「伊達秘鑑から黒脛巾組を考える」で見たように、信夫郡鳥屋ノ城主安部對馬重定ニ命シテ(略)柳原戸兵衛世瀬蔵人ト云者ヲ(黒脛巾組の)首長二と書かれている部分がありました。信夫郡は現在の福島県でした。

知人に教えてもらい、

伊達政宗ゆかりの酒蔵そして酒造り という2018年のメディアロケットの記事を見ました。すると、「初代朝宗 大吟醸」というお酒の完成披露会の様子とともに由来が摺上原の戦いに触れられていました。それによれば、政宗公が今の飯坂領主の茂庭半亮に援軍を求め、そのときに茂庭半亮が連れてきたうちの一人が松川町の豪族・斎藤蔵人(さいとうくらんど)で、斎藤家のご先祖だと書かれていたのです。齋藤蔵人は地元でたくさんの兵を集め、戦場に連れて行き、その戦功により、長脇刀を拝領した人物と伝えられているそうです。

ここで気になるのが、世瀬蔵人の名字です。もうひとりの柳原戸兵衛については、鹿股戸兵衛と後に名前を変えたということがわかっています。

・地方の武芸に秀でた豪族から黒脛巾組は選ばれた
・鳥谷野(福島県信夫郡)の城主、安部対馬守安定に人選をさせた
・摺上原の戦いで黒脛巾組は活躍した記録がある
・名字を変えているケースは他の人にも確認できる

のだからもしかしたら世瀬蔵人かも。と思ったのでした。

 

教えていただいた情報

つながりがあるかどうかは不明とのご回答をいただきましたが、あわせて当時の文書についての記載を入れたページのURLを教えていただくことができました。

福島市唯一の蔵元 金水晶酒造店facebookページ

facebookのページを見るとわかるのですが、大竹文書というものがあるようです。個人の方がお持ちのようなのでなかなか見ることができない貴重なものだと思います。

その文書からは、注釈の部分で
茂庭半亮(伊達家重臣茂庭領主)
斎藤蔵人(中町斎藤家、本町斎藤家祖)
大竹和泉(後原大竹家、小金塚大竹家祖)
加藤豊前(上木戸内 加藤家祖)
と書いてあるので、当時の松川郷の3豪族の名前が新たにわかりました。

 

現在特別企画実施中

金水晶のお酒は、全国新酒鑑評会金賞、IWCインターナショナルワインチャレンジ・大吟醸酒の部、金メダルなど数々の賞を受賞しているそうです。また、2019年のG20大阪サミットで、各国代表に振舞われた銘酒の一つにも選ばれています。
福島市唯一の蔵として6年前に家業を継ぐためUターンした斎藤美幸社長は、「例えば金水晶のお酒は近隣の神社のお神酒でもありました。地域の文化や歴史と、地酒は密接に関わっているんです。私の役割はこの福島市唯一の蔵を守り育てること。酒の歴史、蔵の歴史、町の文化をつなぐという使命があります」と 月刊fukunomo のインタビューに答えています。なんだか応援したくなりました。

ちょうど、ステイホームであまり外出できない今、5月6日までの、送料無料の特別企画があるとのことで私も購入させていただきました! まだ間に合うのでこの機会に是非。届くお酒は火入れしてあるので、一気に飲まなくても大丈夫、保存可能とのことです。プランは二つあります。

「福島贅沢セット」

大吟醸にロゴ入りおちょこ2個をセット。(金水晶大吟醸×2 金水晶純米大吟醸×2 金水晶純米大吟醸古関メロディー×2 金水晶ロゴ入りおちょこ2個)が。23,419円。

「故郷実感セット」

純米酒だけを集めた。(金水晶純米大吟醸×1 純米吟醸×1 純米酒×1 純米生貯蔵酒×1 純米大吟醸古関メロディー×1 おらが純米×1)が入っています。13,097円。

注文はこちらから ➡ 金水晶酒造【送料無料】特別セット

届いた!

故郷実感セットが届きました! ゆっくり楽しみたいと思います。

-experience

Copyright© Ninja lifestyle , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.